オスカープロモーション スマートフォン版 公式有料サイト

本日の出演情報 00/00(Fri)

up down > More
記事が見つかりませんでした。

放送時間 放送局 番組タイトル 出演者 備考
各チャンネル表記について:
NHK
日本放送協会 (Japan Broadcasting Corporation)
NTV
日本テレビ放送網株式会社 (Nippon Television Network Corporation)
TBS
株式会社TBSテレビ (Tokyo Broadcasting System Television, Inc.)
CX
株式会社フジテレビジョン (Fuji Television Network, Inc.)
EX
株式会社テレビ朝日 (TV Asahi Corporation)
TX
株式会社テレビ東京 (TV TOKYO Corporation)

*その他表記につきましては、リンクや注釈での対応とさせて頂きます。ご了承ください。

浜谷康幸 201​8年3月14日~3月21日 舞台「殺人の追憶」出演情報!

浜谷康幸が舞台「殺人の追憶」に出演します!ぜひ、劇場にてご覧ください!

舞台「殺人の追憶
【日時】2018年3月14日(水)~2018年3月21日(水)
【場所】サンモールスタジオ
(丸ノ内線「新宿御苑前」駅より徒歩5分)

【神宮前プロデュース公演】
「私に会いに来て」
(映画『殺人の追憶』原作)

・作/キム・グァンリム
・訳/後藤温子
・上演台本・演出/高橋いさを

【出演】(敬称略)
モロ師岡
幸将司
浜谷康幸
山下徹大
今藤洋子
山本南伊
虎玉大介
柾賢志
木下愛華(他)

【チケット料金】
前売り ¥4,500/当日 ¥4,800

【解説】
韓国映画「殺人の追憶」(2003年)の原作に当たる舞台劇「私に会いに来て」を上演する。韓国で実際に起きた「華城連続殺人事件」を題材に、犯人に翻弄される四人の刑事たちの奮闘と苦悩を描く刑事ドラマ。本邦初演。乞うご期待!

【「殺人の追憶」の原作】
「殺人の追憶」に出会ったのは、もうずいぶん前である。それまで関心が薄かった韓国映画の面白さをわたしに再認識させるきっかけを作ったのは、まぎれもなくその映画である。韓国で実際に起こった連続殺人事件を題材に作られたその映画は、異様な連続殺人事件を追う刑事たちの姿を通して、1980年代の韓国社会が見事に切り取られた骨太なスリラーだった。そして、その映画の原作が舞台劇だと知ったのはそれからまたしばらくしてからである。
ひょんなことから韓国の友人が口を聞いてくれて、作者のキム・グァンリム氏と連絡が取れ、これまたひょんなことから韓国語を翻訳してくれる友人と出会い、とんとん拍子に翻訳台本を作ってもらうことができた。すべての出会いのきっかけを作ってくれたのはプロデューサーの辻本好二さんである。あの「殺人の追憶」がいかに舞台で演じられたか? 興味津々の舞台劇「私に会いに来て」がこうして日本の観客の前で上演できる運びとなった。本邦初演のこの舞台を上演するにあたり、こうして本作に関われる幸せを噛み締めている。皆さんのご期待を乞うゆえんである。
最後に、日本の観客によりわかりやすく内容を伝えるべく「場面を捜査本部に限定して描きたい」という演出者の意向を汲み、原作戯曲を脚色することを承諾してくれたキム・グァンリム先生に心より感謝する。

stage